〒486-0833 愛知県春日井市上条町8丁目2831−1
0568-81-2124
MENU

おとなの矯正

Orthodontics

おとなの矯正|森歯科医院|春日井市の歯医者

Orthodontics

おとなの矯正

おとなの矯正について

おとなの矯正について

「矯正を始めるには少し遅いかな?」などと思っていませんか?きれいな歯並びは第一印象をよくしてくれます。矯正治療を行い、歯並びをよくすることで、歯磨きしにくい場所もなくなり、セルフケアが効果的にできます。また、見た目だけではなくかみ合わせもよくなることによって、将来的に自分の歯をたくさん残すことができ、お口の健康を長く維持するためにも役立ちます。昔から歯並びが気になっていたけれど様々な理由で矯正治療に踏み切れなかった方も「矯正を始めるのに遅い」ということはありませんので、お気軽にご相談ください。

あなたの歯並びはどれですか?

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)とは、上顎と下顎の歯や骨の位置にズレが生じ上の歯が下の歯と比較した時前方にある状態のことをいいます。

叢生(でこぼこ)

叢生(でこぼこ)

叢生とは、歯が綺麗に並びきらず、ガタガタした状態のこと言います。八重歯や乱杭歯とも言われております。

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)とは、上顎と下顎の歯や骨の位置にずれが生じ、下の歯が上の歯と比較した時前方にある状態のことをいいます。反対咬合やしゃくれとも呼ばれております。

開咬(口が閉じない)

開咬(口が閉じない)

開咬とは、骨格や舌の癖などが原因で、奥歯は噛み合っているが前歯で噛み合わさらない状態のことを言います。

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯(空隙歯列)

歯と歯の間に隙間が空いている状態のことをいいます。

悪い歯並びが及ぼす影響について

虫歯・歯周病になりやすい

歯並びが悪いと歯磨きがしづらいため歯ブラシの毛先が歯の隅々まで届かずに磨き残しが多くなり、汚れが溜まるため虫歯や歯周病のリスクが高まります。

食べ物がよく噛めない

悪い歯並びだとかみ合わせが悪く食べ物をしっかり噛み砕くことができず、食事に時間がかかってしまったり、食べ物を大きいまま飲み込んでしまい胃腸に負担がかかってしまいまうことがあります。

咬耗

かみ合わせが悪いため、歯がすり減ってしまう。

口臭の原因になる

悪い歯並びだとかみ合わせが悪く口呼吸をする方が多いです。口呼吸をするとお口の中が乾き、細菌が繁殖しやすくなるため口臭がきつくなります。

発音に障害が起こる

受け口(しゃくれ)や開咬といった歯並びの場合、サ行やタ行の発音が言いづらくなります。

顎関節症を引き起こす

悪い歯並びだとかみ合わせがズレるため顎に負担がかかり顎関節症原因の一つになります。かみ合わせが悪いと顎の関節に負担がかかるため体の他の部位にも異常が現れることがあります。

矯正装置の種類

当院では成人矯正において基本的に見えない装置・見えにくい装置を使用しております。

審美(セラミック)ブラケット

審美(セラミック)ブラケット

透明色や白色の目立ちにくい素材(セラミックなど)を使用した歯の表側に付けるブラケットです。当院では表側の装置の場合、基本的にはすべて審美ブラケットを使用しております。(奥歯など見えない部分には一部金属の装置を使用することがあります。)

メリット

幅広い症例に対応することができます。透明色や白色の素材を用いるため目立ちにくいことが特徴です。セラミック製の装置を使用すれば金属アレルギーの方でも治療が可能なこともあります。

デメリット

目立ちにくい装置ですが、リンガルブラケットやマウスピース矯正に比べれば装置を付けているのがわかります。

リンガルブラケット(舌側矯正)

リンガルブラケット(舌側矯正)

リンガルブラケットとは、歯の表側に装着する一般的なブラケットと違い、歯の裏側に付けるタイプのブラケットです。装置が見えない矯正治療は、リンガルブラケットとは別にマウスピース矯正を用いることがありますが、リンガルブラケットはマウスピースよりも対応できる症例が多いです。当院では、ハーフリンガル(上リンガルブラケット、下審美ブラケット)とフルリンガル(上下リンガルブラケット)をお選びいただけます。

メリット

装置が外側から見えないため他人に気づかれずに矯正治療をすることが出来ます。歯の裏側はエナメル質が厚くだ液で潤っているため虫歯のリスクが減ります。

デメリット

表側のブラケット治療と比べ治療費が高額になることが多いです。喋りにくくなることがあります。(1~2か月で慣れます。)

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、透明な歯型のマウスピースを歯に装着し歯列を整えていく装置です。ブラケット矯正に比べ対応できる症例は少なくなりますが、歯の表面に器具を付ける必要が無く矯正治療に抵抗のある方もマウスピース矯正であれば見た目の問題が解決され目立たない治療が可能となります。

メリット

マウスピースは薄く作られており透明で目立ちません。また、定期的に交換し歯列を整えていくため使い捨てで非常に清潔です。

デメリット

取外し可能なためご自身で装着を管理する必要があります。1日20時間以上装着していないと効果が薄まるため自己管理が求められます。ワイヤー矯正に比べて治療期間が長くかかることが多いです。

診療の流れ

1

初回カウンセリング

患者様の歯並びについての相談をお伺いします。ご相談をお受けした後、矯正の種類や治療の流れ、治療期間、費用などをご説明します。

2

精密検査

ご相談をお伺いした後、精密検査を開始します。X線写真、模型、口腔内写真、顔貌・側貌写真、問診を行います。

3

診断

精密検査の結果をご説明し、治療計画をご提案いたします。

4

治療準備・開始

矯正装置を作製し、歯に装置を付ける前に歯のクリーニングを行い装着します。

5

定期来院

基本的に3~4週間に一度ご来院いただき、歯並びの状態確認と進行度合いを確認し、装置を調整します。治療期間は患者様の症状により異なりますが1年〜3年が目安となります。

6

保定

矯正治療が完了した後は並んだ歯が後戻りしないよう保定装置を装着します。

7

治療終了

保定期間を終えると矯正治療終了となります。

費用について

費用について

当院の治療費一覧です。症例によって料金が違うのではないかな?治療途中で追加料金がかかったらどうしよう?などの不安をできるだけなくすよう、当院ではわかりやすい料金形態を目指しております。

矯正治療(共通)

  • 初診相談料:無料
  • 精密検査/検査:33,000円(税込)
  • 調節料・観察料:3,300円(税込)
    リンガルの場合のみ:5,500円(税込)
  • 保定装置料:44,000円(税込)

矯正装置別

  • 審美ブラケット:770,000円(税込)
  • ハーフリンガル(上リンガル下審美ブラケット):1,045,000円(税込)
  • フルリンガル(上下リンガル):1,210,000円(税込)
  • マウスピース型矯正:880,000円(税込)
  • 部分矯正:110,000円~(税込)

料金のお支払いは現金・クレジットカード・銀行振込が可能です。分割払いも可能ですのでカウンセリング時にお問い合わせください。

矯正治療のよくある質問

治療中の痛みはどれくらいですか?
虫歯などの痛みなどとは違い、噛むと痛くジーンとした重い感じの鈍痛です。装置装着後や調節後に痛みが出ますが、2~3日が痛みのピークで長くても1週間経てば痛みはなくなります。
虫歯があっても矯正治療は受けれますか?
基本的には虫歯を治療してから矯正治療をお願いしております。
笑うと歯茎が目立ってしまうのですが、矯正治療で治りますか?
多少の改善はできますが、大きく変えたい場合は外科矯正での改善をおすすめしております。(外科矯正の場合、当院で矯正治療が難しいため外科矯正対応の医院をご紹介いたします。)
結婚式までに歯並びを直したいのですが、早く治療する方法はありますか?
装置を付けるまでの期間などを短縮することは可能です。また、歯並びの状態にもよりますが治療期間を短縮できる治療法があれば、ご提案することも可能です。必ずカウンセリング時にその旨をお伝えください。
他院で歯を抜かないと矯正出来ないと言われましたが絶対抜かなければならないですか?
一度歯並びの状態を見せていただいてからの判断となります。状態によっては検査をしていただかなければ判断できない場合もあります。
矯正治療中もスポーツは続けてもよいですか?
基本的には続けていただいて大丈夫です。しかし、ボクシングなど直接顎回りに衝撃が当たりそうなスポーツに関してはお控えいただくか、スポーツ用のマウスピースを作っていただくこともあります。